誤訳の迷作

思い出したので何となく。
日英どちらの実物も参照せず、(私の当てにならない)記憶だけを頼りに書きますので、間違っていたらごめんなさい。「」や""が付いていますが、テキトーです。

  • 殿堂入り: 親和のD&D

誤訳(とミスプリ)があまりに多すぎたので、挙げるまでもないと言うか切りがないと言うか。

  • 1位: デーモンだかが戦闘で危なくなると「真っ赤な飛行機に乗って逃げてしまいます」とかそんなの。

トーグだとありそうな気もしないでもない、のが困るw

    • 原文: "〜flee back to the fiery plane."とかそんなの。

しかし、plane=次元(界)、ってゲーマーなら常識じゃないのかなあ。

    • 出典: TORG基本ルールの付属シナリオ。

他にも、昆虫系のモンスターの"antenna"を「アンテナ」*1とか。

  • 2位: 「お前は自分が誰だか知っている」だっけ?

そりゃ知ってるだろうけど。

    • 原文: "You are who you know."

「お前の価値は誰を知っているかで決まる」とかそんな感じ。

  • 3位: 「精神ドリッパー」

正確には誤訳とは言えないかも知れない、訳してないし。とりあえず、私はこれを見る度に「ドリッピー」だっけか?*2が思い浮かんでカードのイラストと融合しました。

    • 原文: "Mindripper"

何にせよ、言いたいことが色々ある。まず第一に、「マインドリッパー」じゃダメなのか? どうしても訳したいなら、「精神切り裂き魔」とかじゃダメ?(上のように読んだなら「精神抽出鬼」とか。) 

    • 出典: M:tGのエキスパンション*3のクリーチャー・カードの名称。

TRPGじゃなくてCCGだけど。

*1:念の為言っておくと「触角」。

*2:当時新聞によく広告が載っていた英語教材のキャラクター。「ぴちょんくん」みたいなモノ。

*3:Tempestだったっけ?